タービンハンドピース歯科用のの出力が弱い原因

歯科用タービン高速ハンドピースには力が足りないについては、以下のように、三つの原因があります。

1.気圧の問題。

メーカーの方も色々実験をしました。始めはフッドベルタを踏んで、ハンドピースはまた正常に振動します。でも何分間を経つと、振動も弱くなっていきます。それは気圧の問題です。その場合は、コンプレッサーのことをよくチェックしてください。コンプレッサーの稼働気圧は一般的に0.8MPaくらいで、調整器機械の稼働気圧は一般的に0.22~0.25MPaくらいです。

2.回路の問題。

4ホースのハンドピースはほとんどホールの回路があります。もし回路が塞がれた場合も、ハンドピースのちからが少小さくなります。その場合は、ホールの回路をチェックください。

3.ハンドピース自身の問題。

チャックなどの変形により、チャックと他のパーツの摩擦によりハンドピースの出力が弱くなります。またの原因は、ハンドピース自身の腐食や摩損で、ハンドピースを壊します。例えば、化学液状でハンドピースをソークしたりして、内部パーツまで腐食させます。また、長い間洗浄や消毒及び滅菌などをせずに、続けて使用することにより、パーツの摩損がひどくなり、出力も弱くなります。摩損により、軸と外部の隙間が大きくなって、振動するときに生じるかいつは隙間から出てきて、出力になりません。

以上は、大体、ハンドピース 歯科 滅菌の出力が弱い原因となります。もちろんほかにも、誘因などもありそうですが、今日は一応ここまでにしたいと思います。

歯科用エアータービンハンドピースの滅菌理由及び滅菌問題点

エアータービンとは歯などを削る回転切削歯科器具のひとつです。感染予防する為、歯科用ハンドピースなど使用後の消毒・滅菌することがしなければいけません。特にエアータービンです。

エアータービンは、空気や水の噴出を止めるとこれらが逆流し、その際口腔内の唾液や血液あるいは削りかすを吸い込むことがあります。また、エアータービン、マイクロモーター 歯科 構造等のスイッチを切ったとき、水回路の給水が急に止まらず液たれを起こさないようバックサクション機能を持たせてある機種は、ハンドピース水回路が陰圧になるため、水の排出口から内部に唾液や血液などが逆流します。

感染予防ということで停止時に生じるヘッド内負圧による血液、唾液、切削屑などのタービン本体への侵入を防止するクリーンヘッドシステム、またカップリング内に内蔵され血液・唾液などが水スプレー回路に逆流することを防止する逆止弁機構などが設置されるようになっています。

ハンドピース使用後、まず外部のアルコール綿による清拭が行われます。その後ハンドピース内部の洗浄と注油がおこなわれ、一つずつ滅菌バッグに入れられオートクレーブで滅菌します。しかし、オートクレーブ滅菌が可能なタービンでも、繰り返し行うことにより、ペアリングやOリング等の劣化、切削屑の焼き付き等がおきます。製品の選択する時注意する必要があります。

今日は当店の『LY®歯科高速エアタービンセット(プッシュボタン式、LED付き)』をお勧めます。このセットには高速エアータービンハンドピースが3本あり、金色標準ヘッドの高速ハンドピース2本と銀色トルクヘッドLED付きのハンドピース1本です。3本も3点注水穴タイプです。

歯科用内蔵式と外付型の電動式モーターの使い方

いつもイシナーデンタルをご愛顧いただき誠にありがとうございます。イシナーデンタルはいつも通り歯科機器、技工材料等を取り扱う通販サイトです。全ての製品はCE認証、FDA認証及びISO国際認証取得しておりました。歯科医院及び患者様に激安、高品質の製品を提供いたします。今後ども続き皆様に安全、格安の商品を提供しております。

今日は新登場の電動式マイクロモーターについての使い方を少しご説明させていただきます。今回登場した電気式モーターは内蔵式と外付型2種類があります。二つの使い方がちょっと異なります。

内蔵式のモーターは歯科チェアーやユニットに接続して使用可能です。つまり、サーキッドボードを歯科チェアーの工具入れに装着しなければなりません。でないと使えません。それから、相応のケーブルを繋がっていいです。歯科チェアーのプラントに要求がございません。

けれど、外付型のモーターは内蔵式より使い方が簡単です。歯科チェエアーに接続必要がありません。直接的に本体に繋がって、ハンドピースを接続して使用できます。便利ですが、もちろん価格は内蔵式より高いです。

商品にご興味がございましたら、イシナーデンタルのhp(歯科用エアーモーター)へお越し下さい。