根管治療とは

根管治療とは、歯の中を通る神経や血管が入っている細い管「根管」の中から、虫歯に冒されて死んでしまった神経や血管を取り除き、根管内を消毒して薬剤を詰める治療です。治療を確実に行うことで、重度の虫歯でも抜かずに済みます。大切な歯を守り、お口の健康を維持するために根管治療はとても重要な治療です。

それでは、弊店のRUENSHENG®YS-RZ-C根管長測定器ルートキャナルメーターを紹介します。

4.5インチLCDディスプレイを搭載した新作の根管長測定器です。

どんな口腔内環境でも対応できる高精度自動較正システム。

折りたたみ式で使用角度調整や収納にとても便利。

弊店では、根管診療器具の他、歯科用照明器具などもあります。是非、当サイトへようこそ。

歯面清掃用ハンドピースについて

歯面清掃は歯科で日常診療の重要項目であり、多くの治療にエアーポリッシャーやエア清掃機を用います。細かい粒子を噴射して、たばこのヤニなどの着色を落とします。歯面を傷つけることなく、着色を落とすことができます。

それでは弊店の3H®歯科用歯面清掃用ハンドピースを紹介します。

特徴:

1. ステインと歯垢を取り除きます。

2. 小窩裂溝期間を治療します。

3. 矯正、修復、審美歯科などに用いられます。

仕様:

圧力::0.7-2.2bar(700-2200hPa)
流量:50-80ml/分
静態気圧:2.5-4.5bar(2500-4500hPa)
ガス気圧:0.1-0.5MPA(1-5kgf/cm2)
サイズ:25*21*7cm
重量:0.16(KG)

弊店では、歯面清掃用ハンドピースの他、ハンドピース 歯科用などもあります。是非、当サイトへようこそ。

 

歯科レントゲンは必要?

歯科の病気は、症状を聞いてお口の中をのぞくだけで全体像を把握できるケースはごくわずかです。虫歯の進行範囲や歯の根、骨の状態など、目には見えない病気の発見と的確な診断、治療を行うため、レントゲン写真を撮影しています。そこで、弊店の高品質歯科ボータブデンタルレントゲン照射器BLX-8Xを紹介しましょう。

特徴

1.綺麗なコンパクトのデザイン。

2.医療用デジタルX線撮影装置の軽くて薄い新製品

3.充電式リチウムバッテリーで、無線タイプです。

4.手持ち式とポータブルデザインで、移動も手の動きにも制限がありません。

5.防振機能を搭載。

6.優秀なX線画像技術で、高精度の画面を撮ることができます。

7.特殊な内部シールド構造より、X線管が被覆さら、放射線を効率的に排除しているので、操作者の安全を守ります。

8.歯科診療所、移動歯科診療所、大学及び病院災害場所・法医学(法歯学 )などの場所で使用可能。

9.本体質量:約12kg

弊店では、歯科レントゲン機器の他、歯科用デジタルX線センサーなどもあります。是非、当サイトへようこそ。

根管充填について

根管治療の最後に行う治療で、根管治療によってきれいにした歯の神経が入っていた空洞に薬を詰めることです。根管充填の時に歯の根の中に空洞ができてしまうと、その空洞に細菌が繁殖してしまいます。そのため緊密に薬を根の中に入れる必要があります。

レントゲンで映る白い線

根管充填の後には必ず、薬がしっかり入っているのか確認のためのレントゲンを撮影します。歯の神経の治療をされ、歯科レントゲン装置で確認された方は、この歯の中に映る白い線のような根管充填を見たことがあるかもしれません。
根管充填は歯の根の数だけ行います。前歯の場合は1本入れることが多いのですが、奥歯になると3本、4本と多くなります。

根管充填剤

根管充填剤 歯科は多くの場合ガッタパーチャという樹脂です。組成は酸化亜鉛66%、ガッタパーチャ20%その他です。ガッタパーチャは適度な硬さと柔軟性があるため歯の根の形態に合わせることができます。また、ガッタパーチャと歯の根の隙間を完全に埋めるためにシーラーというノリみたいなものをつけて、ガッタパーチャを歯の根の中に押し込んでいきます。