根管治療は歯がしみて痛かったり

根管治療は歯がしみて痛かったり、それを我慢したためにズキズキしてきたり、さらに腫れてきて噛むと痛かったりといった歯の治療です。

噛むと痛い
レントゲンでは根元に黒い影ができる
歯茎が腫れる
歯茎にフィステルができる
顔まで腫れる
根尖性歯周炎の原因
むし歯が大きくなり神経が死んでしまう
深いむし歯の治療後
外傷により神経の切断
複雑な根管治療
根管治療後
歯の破折
などがあります。
根尖性歯周炎の治療法
感染している歯にラバーダムを使用し、唾液や呼気などの細菌が根の中に入らないようにする(精密治療のみ)
ファイルを使用し根の中の細菌をきれいにする
きれいになった根の中にお薬を詰める
劣化の少ない被せ物をする
根管治療で治らなければ根尖切除を行うこともある
抜歯が必要になることもある
この根管治療で使用するファイルが治療の精度を上げるのにとても重要な役割を果たします。
ファイルには、ステンレスファイルとニッケルチタンファイルの2種類があります。
当院で使用しているのは主にニッケルチタンファイルです。