低速ハンドピースのの故障と対策

低速ハンドピースはコントラハンドピース、ストレートに分けられています。
高速ハンドピースより、内部の部品が多いので、手入れの時、もっと丁寧に取り扱わなければありませんよね。

WBX®歯科用増速コントラアングラハンドピースCA2-5
WBX®歯科用増速コントラアングラハンドピースCA2-5

故障一:

故障:モーターが回転しない
原因と対策:

①駆動気圧不足です。気圧を0.25-0.30 MPaに調整してください
②注油が不充分で、汚れが詰まって、回転できません。清潔してから、充分に注油します。

故障二:

故障:ストレートはモーター歯科と接続する際に、回転しない
原因と対策:
①ストレートがバーを挟む時、回転スリーブは所定の位置にねじ込まれません。回転スリーブを確実捻じて、バーをしっかりと固定してください
②ストレート内分に、異物があります。取り出してください。
③清潔注油が不充分で、内部の部品にサビがついております。部品を交換します。

故障三

故障:ストレートハンドピースはモーターと接続する際に、回転しない
原因と対策:
①回転ギヤが摩耗されました。交換してください。
②内部のカートリッジが壊れました。交換してください。