歯医者さんで歯を白くする方法の利害

メリット
・2,3回の来院でホワイトニングの効果が得られる
・チェアに横になっているだけなので、とても楽に白くできる
・ホームホワイトニングより1回の効果が大きい

デメリット
・忙しく、通院が出来ない人には不向き
・ホワイトニングの効果に個人差がある
・効果が大きい分、ホワイトニング後に歯がしみることがまれにある。

さて、弊店のDenjoy®高品質歯科用ホワイトニング装置 412-Aを紹介します。

主な仕様:
コードレスで使用可能、フル充電で1時間連続使用できます。
光源:LEDライト6個
光照度:6000~7200nw/cm2
時間設定:2m、5m、10m、15m、20m
土台を外し、卓上で使用も可能
左・中央・右側に3-LEDは、高、中、低の3グレードに分かれています。
360°調整することができます。
サイズ:約117*67*16cm
質量:約10KG

弊店では、歯科用ホワイトニング機器の他、歯科用スケーラーなどもあります。是非、当サイトへようこそ。

審美歯科について

人間の歯の大きな役割の一つに美しさというものがあります。 特に上の前歯は、その人の第二の個性を表すと言っても過言ではないほど、審美的に重要な役割を果たしています。笑う時に口元に手をあてたりする人は、きっと自分の口元にコンプレックスを感じているのではないでしょうか。
審美治療により、歯が本来あるべき所にならべられ、自然な色や形を回復すると顔全体がいきいきと健康な美しさを取り戻します。
美しいスマイルは、さわやかで清潔、相手に明るいイメージを与えます。口元にコンプレックスを感じて思い切り笑えなかった方が、歯並びや歯の色を変えることにより、コンプレックスがなくなり素敵な笑顔になるのです。歯や口元のコンプレックスをなくすことにより、見た目のイメージを左右するだけでなく、精神面までも変えることができるのです。
さて、弊店のMagenta歯科用ホワイトニング装置MD887Aを紹介します。

特徴:

ブルーライト、レッドライト、パープルライトを使用した三種類の光源により広い波長域を実現しました。酸化チタン、過酸化水素など市販のホワイトニング材全て対応可能です。

5インチタッチスクリーンを搭載し、操作はより便利になる新式の歯科ホワイトニング装置です。

新たなアーム構造により角度をフリーに調整することができます。

4つの光源モードを搭載:ブルーライト、レッドライト、ブルー+レッド+パープルライト、ブルー+パープルライト

5つの出力段階:50%ローパワー出力、80%・60%・40%ミディアムパワー出力、100%ハイパワー出力

作動停止してから60秒後、自動的に省電力モードに入ります。

交差感染防止用衛生カバーが付いています。

治療時間設定:1~30min

弊店では、歯科用ホワイトニング機器の他、光重合器 歯科などもあります。是非、当サイトへようこそ。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、「歯科医院」で漂白を行う方法です。
薬剤や、光照射を用いるため、回数・期間が短く、患者様ご自身が毎日自宅で漂白を行う煩わしさがありません。また、歯科医師や歯科衛生士による的確な処置が可能な上、医師らとのコミュニケーションを図りながら行える安心感もあります。

それでは、弊店の人気ものーーSaab®歯科ホワイトニング用機械KY-M208A(土台付き)を紹介します。

特徴

1. LED冷光歯科ホワイトニング装置(土台付き)

2. タイプ:Saab KY-M208A

3. 魅力的な外観を持つ

4. 全方向回転アーム設計で任意な位置でも使い可能

5. テトラサイクリン色素沈着の歯、歯のフッ素症などに対応する

6. 美白効果よりよいために、5-8ステップ(VITA)は治療1周期目になる

7. 安全設計で、患者と歯医者の安全を確保することができる

8. 静かで効果的なファン非常に優れた冷却効果

9. 発熱が少なく高い安全性を持った最新式の青色LEDを採用

10. 8個のLEDバルブ搭載

11. 先進的な操作インターフェースで操作により便利になる

12. 2個gogglesが付き

弊店では、ホワイトニング装置の他、マウスオープナー歯科などもあります。是非、当サイトへようこそ。

 

ホワイトニングをしても、白くない歯

1エナメル質・象牙質形成不全症

2重度なテトラサイクリン歯

3神経のない歯

4歯の修復物

ホワイトニングは天然の歯にのみ効果があります。
神経をとったことによる歯の変色にはウォーキングブリーチが適応されます。

ホワイトニングの安全性

歯科医院でホワイトニング加熱装置を利用してホワイトニングする。ホワイトニング剤の過酸化水素の濃度は国が認可している30~50%までのものが一般的ですが、漂白剤の成分が含まれているため歯肉や歯のエナメル質への刺激が強いという性質をもっています。 高濃度の過酸化水素を誤飲した場合、消化管がやけどするなどのリスクもあります。
しかしオフィスホワイトニングでは、歯科医師、歯科衛生士によって薬剤の濃度もきちんと管理されているので安全性には十分配慮をしています。 ホームホワイトニングは、患者さんご自身での管理が必要です。歯科医師の指導のもと施術を行うことが大切です。

どうして思ったように白くならないの?

歯を白くするために、市販品のホワイトニング用歯磨き粉を長く使用している人或いはクリニックで歯科用ホワイトニング機器を使う人もいるかもしれませんが、「効果があまりわからない」「思ったほど白くならない」という体験談や感想を聞くこともあります。

家庭で行えるホワイトニングのセルフケアは、今よりもっと歯を白くするというよりも、黄ばみや変色を防ぐ「予防」のためのケアがメインとなります。

実際、自分で行う歯磨きで汚れを落とすのには限界があり、歯科医院のケアでないと落とせない歯の汚れはありますので、毎日しっかり歯磨きをしていたとしても、それだけで理想の白い歯を手に入れるのは難しいと言えるのではないでしょうか。

歯が汚れてしまう原因はさまざまですが、多いのはステインと呼ばれる飲食物などによる着色汚れです。

私たちがよく口にするコーヒーや紅茶、また赤ワイン、カレーなどの色の濃い飲食物は、歯を茶色や黄色に着色しやすくしてしまいます。また、タバコのヤニも歯の着色の原因ですね。

それ以外にも、歯石が蓄積して黄色っぽく見えたり、薬剤などが原因で歯に色ムラができたり、加齢によって歯の黄ばみが強くなってしまったりと、私たちの歯の色が変色してしまう原因はたくさんあるのです。

これらの原因を見極めて正しいケアをするのは、素人にはちょっと難しいことかもしれません。

自分では落とせない汚れがあるからといってセルフケアを怠っていては、白くて健康的な歯キープすることはできません。

 

 

歯医者さんで行う高度で安全な歯石除去

歯石はいつの間にか付着してしまい、自分で取り除く際に歯や歯茎を傷つけないように相当な神経を費やします。そのリスクを背負い込むよりも、歯医者さんで安全に歯石除去を行ってもらう方が賢明であるといえます。

また、歯医者さんでもスケーラーを使って「スケーリング」を行いますが、超音波の振動を与えて歯石を砕いたり、医院によっては「マイクロスコープ(手術用顕微鏡)」を使って除去してくれたりと、患者さんがなるべく痛みを感じないように、工夫を凝らした治療が行われているのです。(スケーラー 歯科用)

3-1 歯医者さんでは“2種類”のスケーラーで歯石を除去してくれる
歯医者さんでは“2種類”のスケーラーを使って歯石を取り除いてくれます。まず、歯茎から上に付いた歯石の場合、超音波の振動と水を使って歯石を砕いて除去できる「超音波スケーラー」と呼ばれるものを使用します。医院によっては、「マイクロスコープ(手術用顕微鏡)」で拡大し、明るく照らしながら治療をスムーズに進めるやり方もあります。

もし、歯茎から下に歯石が付着しているような場合には、スケーリングの他に、「ハンドスケーラー(通常のスケーラー)」を使って歯周ポケットの中をきれいにしていく「ルートプレーニング」という治療を施します。歯医者さんで歯石除去を行ってくれるのは、医師の他に歯科衛生士が担当する場合があります。

3-2 「フラップ手術」で歯石を除去するやり方
歯医者さんでは「フラップ手術」と呼ばれる外科手術の方法で、歯石を除去するやり方があります。フラップ手術が治療として適用されるケースとしては、歯の根っこの奥深くに歯石が付いてしまい、それを取り除く場合です。歯肉を切り開いて歯の根っこの部分を露出させてから、治療を行っていきます。(超音波スケーラー 歯面清掃)