歯科ドリルを二つ紹介します

歯科ではドリルのことをハンドピース 歯科用と言います。エアタービンハンドピースとコントラアングルハンドピースの2種類を見てみましょう。

エアタービンハンドピース

圧縮した空気を送ることにより、ハンドピース先端部についているタービンの羽が高速回転させて歯を削ります。歯のエナメル質や金属など硬いものを削るときに力を掛けず削ることができます。しかし、高回転のためタービンからはあの「キィィィィィーン」音が発生してしまいます。

コントラアングルハンドピース

エアハンドピースよりも低速回転で歯を削ります。トルクが強いため主に柔らかい虫歯を掻き出すように削ったり、研磨などに使用します。この時にあのゴリゴリ骨にまで響く振動が発生します。エアタービンと同じ圧縮空気で回転させるタイプと、モーターで回転させるタイプがあり、後者の方がより強いトルクを発生させることができます。

ホワイトニングをしても、白くない歯

1エナメル質・象牙質形成不全症

2重度なテトラサイクリン歯

3神経のない歯

4歯の修復物

ホワイトニングは天然の歯にのみ効果があります。
神経をとったことによる歯の変色にはウォーキングブリーチが適応されます。

ホワイトニングの安全性

歯科医院でホワイトニング加熱装置を利用してホワイトニングする。ホワイトニング剤の過酸化水素の濃度は国が認可している30~50%までのものが一般的ですが、漂白剤の成分が含まれているため歯肉や歯のエナメル質への刺激が強いという性質をもっています。 高濃度の過酸化水素を誤飲した場合、消化管がやけどするなどのリスクもあります。
しかしオフィスホワイトニングでは、歯科医師、歯科衛生士によって薬剤の濃度もきちんと管理されているので安全性には十分配慮をしています。 ホームホワイトニングは、患者さんご自身での管理が必要です。歯科医師の指導のもと施術を行うことが大切です。

どうして思ったように白くならないの?

歯を白くするために、市販品のホワイトニング用歯磨き粉を長く使用している人或いはクリニックで歯科用ホワイトニング機器を使う人もいるかもしれませんが、「効果があまりわからない」「思ったほど白くならない」という体験談や感想を聞くこともあります。

家庭で行えるホワイトニングのセルフケアは、今よりもっと歯を白くするというよりも、黄ばみや変色を防ぐ「予防」のためのケアがメインとなります。

実際、自分で行う歯磨きで汚れを落とすのには限界があり、歯科医院のケアでないと落とせない歯の汚れはありますので、毎日しっかり歯磨きをしていたとしても、それだけで理想の白い歯を手に入れるのは難しいと言えるのではないでしょうか。

歯が汚れてしまう原因はさまざまですが、多いのはステインと呼ばれる飲食物などによる着色汚れです。

私たちがよく口にするコーヒーや紅茶、また赤ワイン、カレーなどの色の濃い飲食物は、歯を茶色や黄色に着色しやすくしてしまいます。また、タバコのヤニも歯の着色の原因ですね。

それ以外にも、歯石が蓄積して黄色っぽく見えたり、薬剤などが原因で歯に色ムラができたり、加齢によって歯の黄ばみが強くなってしまったりと、私たちの歯の色が変色してしまう原因はたくさんあるのです。

これらの原因を見極めて正しいケアをするのは、素人にはちょっと難しいことかもしれません。

自分では落とせない汚れがあるからといってセルフケアを怠っていては、白くて健康的な歯キープすることはできません。

 

 

ハンドピースに関する問題ーー滅菌

1. 手動洗浄法

使用したハンドピースはセメント屑などの固形物が付着している場合、流水下で十分に洗浄できます。滅菌前の洗浄とすすぎは重要な工程です。不十分な洗浄では、タンパク質などの汚れが残り、微生物が残存し、その後の滅菌が不完全なものになります。滅菌前は必ず、洗浄剤と洗浄器でしっかり汚れを取り除き、水で十分に洗い流しましょう。(ハンドピース 歯科 滅菌

2. 自動洗浄注油器、超音波クリーナーで滅菌

自動洗浄注油器でハンドピースの表面を洗浄するだけでなく、内部のパイブラインも優れた洗浄効果を得ることができます。しかも操作が便利です。スイッチを押すと自動的に洗浄プロセスを完了できます。

超音波洗浄器でハンドピースを清掃することは多くの人に採用されています。血液・唾液などにより微生物が付着しているハンドピースは、タンパク質除去剤を使用し、超音波洗浄を行いできます。しかし、洗浄中超音波の衝撃波はハンドピースのベアリングにある程度の損傷が有り、寿命に影響を与えます。

3. 滅菌パックに入れる

滅菌後、器具に菌が付着しては意味がありません。滅菌後の汚れから守るため、洗浄後の器具はオートクレーブで滅菌前に必ず滅菌パックに入れ、シーラーにて袋詰めにします。

4. オートクレーブで滅菌

オートクレーブ(高圧蒸気灭菌)は、内部を飽和蒸気によって高温・高圧にする滅菌機器です。ハンドピースは滅菌バッグに入れられ、その後オートクレーブで滅菌します。

歯科医院用医療用照明は明るく

医院リフォームですが大まかなところは終わったのですが、まだ細かいところが残っているのでまだレポートをあげていないのですが終わり次第アップします。

さて、当院は今回のリフォームはデザイナーさんをいれて行ったのですが、歯科専門の方ではないのでどうしても「私がゆずれないところ」がありそれでやや工事が遅れています。

それは「照明の明るさ」。

開業当初、診療所は照明の数が少なくてものすごく暗かったんです。暗いと施術中に術部が見づらい、目が疲れるのでとても危険。ですので開業1年目に診察室のみ照明器具を倍にして明るさを確保しました。あと、蛍光灯色(白い感じの照明)だったのを温かみのある電球色(オレンジ色の照明 – 歯科用照明器具)に変えただけで殺風景な院内が暖かみのある雰囲気にがらっと変わりました。

照明だけでもこんなに変わるの?というくらいです。もし部分リフォームを考えられている方なら壁紙と照明だけ変えるだけでガラっとイメージが変わりますよ。

診療所と言うと「病」をもたれている方が来院されるところなので、私的には「元気が出るように明るく」というポリシーがあります。薄暗いとなんだか「どよーん」とした雰囲気が漂う感じがしませんか?

あと内装も病院というと「ブルー、白、グレー」と一昔前はこんな感じだったのですが無機質な感じがしてイヤなので、当院では濃いこげ茶の木目調とアイボリーを基調にした内装にしています。落ち着きと高級感が出て個人的には気に入っています。

今回カウンセリングルームを増設したのですが、待合室と診察室がオレンジの電球色なのに対してカウンセリングルームは白の蛍光灯2本。すごく薄暗いのでドアを閉めてカウンセリングをすると息苦しく気分が滅入りそうです。現場監督の方にお願いして蛍光灯のオレンジタイプに変えていただいたのですが、照明自体が少ないせいかあまり変化なし。

デザイナーさんには「少し薄暗いほうがい落ち着くのでは」と言われるのですが、どうしても「医院は飲食店ではないので薄暗くする必要はないので明るくして欲しい」と意見がなかなか合わず。最後にデザイナーさんが折れてくれてやっとカウンセリングルームに照明を増設することになりました。

おそらくデザイナーさんには「あの歯科医院は頑固」と嫌がられているとは思いますが、高いお金を稟議をもらってリフォームしているわけですから、こちらも譲れません。「どうしてもコレは譲れない!- 歯科手術用照明灯」というポイントがなければ家作りやリフォームの際自分のイメージしたものとは別物が出来上がってくる可能性がありますので絶対に自分が決めたことは誰になんといわれようとも意思を貫いたほうがいいです(開業前の診療所建設の時は私は義親に遠慮して建築最終段階にしか意見を言えなかったために不満だらけの設計・建物になったので幾度もリフォームする羽目になり結局高くついたので…同じ失敗を今から医院を建てる方にしてもらいたくないと思います)

とにかくリフォームも高い買い物です。

じっくりと検討して「コレ」というテーマを持って行ったほうがベストだと思います。

デザイナーさん、頑固でご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

歯科用超音波スケーラー用ハンドピースの滅菌

オートクレーブで滅菌

歯科用 オートクレーブ滅菌をお勧めします。

②オートクレーブで初めて滅菌することを行う場合は、滅菌前に包装袋にハンドピースを取る。

③ハンドピース、チップ、チップレンチ、エンドレントだけをオートクレーブ滅菌することができます。

④全てのチップとレンチが高温高圧下で滅菌可能です。

超音波洗浄器 歯科でチップとレンチを洗浄することができます。

⑥取り外し可能なハンドピースの滅菌

オートクレーブの温度/圧力:121 /1 bar(0.1MPa) 135 /2.2 bar(0.22MPa)

⑦滅菌後の保存

製品の汚れとデブリを拭き、アルコールに浸漬した綿棒や布で拭いてください。

製品をオートクレーブポーチに入れてください。ポーチを密封してください。

製品を使用するまでオートクレーブポーチに置いて清潔を保つ。

注意

1 滅菌する前に、超音波ハンドピース上の消毒液を乾燥してください。

2 滅菌中、ハンドピースからスケーラーチップを取り外し、チップを他の商品と一緒に滅菌しないでください。

3 滅菌中に損傷されているかどうかがハンドピースの外側をご確認ください。ハンドピースの表面上に保護オイルを塗れないでください。

4 ハンドピース 歯科用の末端に2つの防水Oリングがあります。

5 頻繁に歯科潤滑油を使用し、滅菌や引っ張り挿入するなどが寿命を減らす。

6 一旦、破損や摩耗することがあったら交換してください。

タービンハンドピース歯科用のの出力が弱い原因

歯科用タービン高速ハンドピースには力が足りないについては、以下のように、三つの原因があります。

1.気圧の問題。

メーカーの方も色々実験をしました。始めはフッドベルタを踏んで、ハンドピースはまた正常に振動します。でも何分間を経つと、振動も弱くなっていきます。それは気圧の問題です。その場合は、コンプレッサーのことをよくチェックしてください。コンプレッサーの稼働気圧は一般的に0.8MPaくらいで、調整器機械の稼働気圧は一般的に0.22~0.25MPaくらいです。

2.回路の問題。

4ホースのハンドピースはほとんどホールの回路があります。もし回路が塞がれた場合も、ハンドピースのちからが少小さくなります。その場合は、ホールの回路をチェックください。

3.ハンドピース自身の問題。

チャックなどの変形により、チャックと他のパーツの摩擦によりハンドピースの出力が弱くなります。またの原因は、ハンドピース自身の腐食や摩損で、ハンドピースを壊します。例えば、化学液状でハンドピースをソークしたりして、内部パーツまで腐食させます。また、長い間洗浄や消毒及び滅菌などをせずに、続けて使用することにより、パーツの摩損がひどくなり、出力も弱くなります。摩損により、軸と外部の隙間が大きくなって、振動するときに生じるかいつは隙間から出てきて、出力になりません。

以上は、大体、ハンドピース 歯科 滅菌の出力が弱い原因となります。もちろんほかにも、誘因などもありそうですが、今日は一応ここまでにしたいと思います。

歯科用エアータービンハンドピースの滅菌理由及び滅菌問題点

エアータービンとは歯などを削る回転切削歯科器具のひとつです。感染予防する為、歯科用ハンドピースなど使用後の消毒・滅菌することがしなければいけません。特にエアータービンです。

エアータービンは、空気や水の噴出を止めるとこれらが逆流し、その際口腔内の唾液や血液あるいは削りかすを吸い込むことがあります。また、エアータービン、マイクロモーター 歯科 構造等のスイッチを切ったとき、水回路の給水が急に止まらず液たれを起こさないようバックサクション機能を持たせてある機種は、ハンドピース水回路が陰圧になるため、水の排出口から内部に唾液や血液などが逆流します。

感染予防ということで停止時に生じるヘッド内負圧による血液、唾液、切削屑などのタービン本体への侵入を防止するクリーンヘッドシステム、またカップリング内に内蔵され血液・唾液などが水スプレー回路に逆流することを防止する逆止弁機構などが設置されるようになっています。

ハンドピース使用後、まず外部のアルコール綿による清拭が行われます。その後ハンドピース内部の洗浄と注油がおこなわれ、一つずつ滅菌バッグに入れられオートクレーブで滅菌します。しかし、オートクレーブ滅菌が可能なタービンでも、繰り返し行うことにより、ペアリングやOリング等の劣化、切削屑の焼き付き等がおきます。製品の選択する時注意する必要があります。

今日は当店の『LY®歯科高速エアタービンセット(プッシュボタン式、LED付き)』をお勧めます。このセットには高速エアータービンハンドピースが3本あり、金色標準ヘッドの高速ハンドピース2本と銀色トルクヘッドLED付きのハンドピース1本です。3本も3点注水穴タイプです。

歯科用内蔵式と外付型の電動式モーターの使い方

いつもイシナーデンタルをご愛顧いただき誠にありがとうございます。イシナーデンタルはいつも通り歯科機器、技工材料等を取り扱う通販サイトです。全ての製品はCE認証、FDA認証及びISO国際認証取得しておりました。歯科医院及び患者様に激安、高品質の製品を提供いたします。今後ども続き皆様に安全、格安の商品を提供しております。

今日は新登場の電動式マイクロモーターについての使い方を少しご説明させていただきます。今回登場した電気式モーターは内蔵式と外付型2種類があります。二つの使い方がちょっと異なります。

内蔵式のモーターは歯科チェアーやユニットに接続して使用可能です。つまり、サーキッドボードを歯科チェアーの工具入れに装着しなければなりません。でないと使えません。それから、相応のケーブルを繋がっていいです。歯科チェアーのプラントに要求がございません。

けれど、外付型のモーターは内蔵式より使い方が簡単です。歯科チェエアーに接続必要がありません。直接的に本体に繋がって、ハンドピースを接続して使用できます。便利ですが、もちろん価格は内蔵式より高いです。

商品にご興味がございましたら、イシナーデンタルのhp(歯科用エアーモーター)へお越し下さい。

歯医者さんで行う高度で安全な歯石除去

歯石はいつの間にか付着してしまい、自分で取り除く際に歯や歯茎を傷つけないように相当な神経を費やします。そのリスクを背負い込むよりも、歯医者さんで安全に歯石除去を行ってもらう方が賢明であるといえます。

また、歯医者さんでもスケーラーを使って「スケーリング」を行いますが、超音波の振動を与えて歯石を砕いたり、医院によっては「マイクロスコープ(手術用顕微鏡)」を使って除去してくれたりと、患者さんがなるべく痛みを感じないように、工夫を凝らした治療が行われているのです。(スケーラー 歯科用)

3-1 歯医者さんでは“2種類”のスケーラーで歯石を除去してくれる
歯医者さんでは“2種類”のスケーラーを使って歯石を取り除いてくれます。まず、歯茎から上に付いた歯石の場合、超音波の振動と水を使って歯石を砕いて除去できる「超音波スケーラー」と呼ばれるものを使用します。医院によっては、「マイクロスコープ(手術用顕微鏡)」で拡大し、明るく照らしながら治療をスムーズに進めるやり方もあります。

もし、歯茎から下に歯石が付着しているような場合には、スケーリングの他に、「ハンドスケーラー(通常のスケーラー)」を使って歯周ポケットの中をきれいにしていく「ルートプレーニング」という治療を施します。歯医者さんで歯石除去を行ってくれるのは、医師の他に歯科衛生士が担当する場合があります。

3-2 「フラップ手術」で歯石を除去するやり方
歯医者さんでは「フラップ手術」と呼ばれる外科手術の方法で、歯石を除去するやり方があります。フラップ手術が治療として適用されるケースとしては、歯の根っこの奥深くに歯石が付いてしまい、それを取り除く場合です。歯肉を切り開いて歯の根っこの部分を露出させてから、治療を行っていきます。(超音波スケーラー 歯面清掃)